気になったからとりあえず応募してみた

正直、最近なんか新しい出来事がないな~なんて思っていたのです。

ですが、それは自分で新しいことを創りだしていないからかなって思って、ちょっと清水の舞台から飛び降りるかのようなことをしてみることにしました。

その一つが「きんゆう女子。」さんのセミナーに参加することですね。

まぁ、前に一度訪問させていただいているのですが、今度は金融庁とかにもお伺いできるとあって、おでかけしてみるかな~なんて考えているところです。

個人的に、最後の懇親会には参加できないんですけど、頑張ってやってみるかな~なんて考えているところです。

毎週木曜日の夜に開催されるので、そこだけはちゃんと予定を空けられるように頑張らないとなって思っているところです。

だいたい、人間って予定を入れていないと仕事しなかったりなんでもダラダラやってしまったりって感じですよね。

というわけで、いぶきの実が効かないなら、予定を先に入れてしまおうと。

嬉しいのは参加費自体は安くて済むのがいいところかなって。

3000円程度で済むので、あとは自分で勉強してみたりとかしたいなって。

これをきっかけに自分の知識を深めるべきだよな~って思うんですよね。

なんだかんだでお金のことにはみんな興味ありますから、私も素直にそれを提供できる側になりたいなと考えているところです。

ハッピーな人生のために、連続セミナーに頑張って通ってみようと考えています。

とにかく、人生が楽しめるようにめいいっぱい予定も活用して、自分の稼ぎ力を高めていきたいと思っているところです。

 

 

仕事から帰ってズートピアを観た感想

今日は一日、社内で事務作業でした。

事務仕事をしている間は集中しているから、勤務の時間はとっても短く感じました。

でも、終わった後にどっと疲れますね、事務ってきっと知らない間にすごく気をはって集中しているからだろうなと思います。

休憩時間の彼氏とのラインが癒しの時間で、お互い励まし合って、午後からも頑張れます(のろけ)。

事務ばかりしていた日って、帰ってからすごく寂しい気持ちになるんですよね。

人と関わったり、動き回ったりしている方が、私には向いているのかも知れません。

そんな今日は、帰ってからツタヤで借りた「ズートピア」を見ましたが、予想以上に面白かったです。

何よりテーマが深い!肉食動物と草食動物が共存する夢の国、ズートピアの話なんですけれど、なんだかニューヨークの差別問題を意識させられるような内容でしたね。

肉食動物と草食動物のいがみあいは、白人と黒人や、宗教の違いに置き換えられるような感じです。

まさに、大人も子どもも楽しめる映画って感じでした。

そんな意味では、内容が意外とちょっと重かった!でも子どもにはその重さが分からないだろうな!って意味で、バランスが完璧でした。

なんといっても、狐のニックが詐欺師なんですけど、かっこいいんです。

すっごく私のタイプでした(笑)。

頭が良くて、仕事が出来て(詐欺だけど)、意地悪そうだけど、本当は優しいニックと、ちょっぴり影のあるニック。

影のある男性って、なんだか怪しいオーラがあって、ミステリアスで魅力的ですよね。

私もニックみたいな男性に出会いたい・・・。

でも、ネットで調べてみたら、たくさんの二次創作が!!やっぱりみんな興奮したのかなってな感じですね。

ちなみに、ずっと事務作業して帰った後にズートピアを見た後は、最近お気に入りのコンブチャ効果を実感しています。

 

 

自家製のちくわパンが仲間入り

私は主食の中でパンが一番好きですが、ずっと気になっていたパンがあるんです。

それはテレビや雑誌、ブログ等でもよく紹介されている「ちくわパン」で、北海道が発祥のパンだそうです。

普段食べるパンは自身で作ることが多く、パン屋さん等に行くこともないんですよね。

なので、なかなか縁がないままだったんですが、先日「やっぱりすごい気になる!食べてみたい!」と思い、作ってみることにしました。

材料を揃えるにも、ちくわは安価なので嬉しいですからね。

本来だと、ちくわの中にツナマヨを入れるようですが、ツナがなかったので、常備してあるチーズで代用をしてみました。

パン生地を細長く成形して、ちくわに巻いてみましたが、ここの工程が苦手なんです。

良い長さに細長く成形出来ないので、ちくわに対してパン生地が上手く巻ききれず、ちくわが丸見え的な感じになってしまいました。

すぐに味見をしてみたいところですが、ぐっと我慢をして、翌日の朝食に食べてみました。

とってもブサイクなちくわパンとなってしまいましたが、味はとても美味しかったです。

夫にも好評だったので、我が家の総菜パンのレパートリーに仲間入りです。

パン+ちくわの相性も、とても良かったですね。

次は、本来のツナマヨを詰めて作ってみようと思いますが、他にも合う中身はあるのか成型方法と併せて、色々と研究をしてみようと思います。

最近、その他にもご当地パンを観ることが多いので、色々とチャレンジして、本場の物は旅行に行った時のお楽しみにしたいと思っています。

ちなみに、先日スマホで見たまつ毛美容液エマーキットの口コミにも、パン好きの人がいて、まだ一度も合ったこともないのに変な親近感がおぼえました。

そんなエマーキットの使い心地もよくて、パンの本場の地に旅行に行くなら、必ず持っていきたい化粧品の一つです。

 

 

親切な忠告はちゃんと聞いておけば良かった。

最近は少しずつ暖かくなってきて、オシャレも楽しい季節になりました。

早速ショッピングに出かけて、これからの季節にピッタリな可愛いロングスカートを発見しました。

値段もお手頃だったので、迷わず購入、すごく満足した買い物になりました。

何度か履いたらお友達にも好評で、良い買い物したな~とウキウキしていたのです。

ですが、それから数日後、そのスカートを履いて自転車に乗っていたら、通りすがりの自転車に乗った外国人に話しかけられました。

片言の日本語で急に話しかけられたので、最初何と言われたのか分かりませんでした。

お?ナンパか!?なんて恥ずかしい勘違いをしながら、ちゃんと話を聞いたら「スカート、危ないよ」と言いました。

ロングスカートが、車輪に巻き込まれそうで危ないと教えてくれたようです。

でも、このスカートを履いて自転車に乗ったのは、この時が初めてではなかったので、今まで何事もありませんでした。

なので、今回も大丈夫だろうと思い「大丈夫大丈夫。」と軽く返してしまいました。

優しい男性はそのまま先を行き、私は気にすることなく自転車をこいでいたら、急に何かがガガガッ!!となって転倒しました。

なんだ!?と思ったら、スカートの裾が自転車の車輪に巻き込まれているではありませんか!

もうスカートはビリビリで、二度と履くことが出来ない状態になってしまいました。

車通りが多くて恥ずかしい思いもしたし、怪我して痛いし、ちゃんとあの優しい男性の忠告を聞いておけば良かったと、心から反省しました。

先日も、北国の恵みは効果なしだと思っていたのが、使い続けていると思いの外良かったりしたのも、友人の忠告があったからです。

何か忠告を受けたり、不思議なことが起きたり、そういうのって、何かこれから起きるかもしれない事を教えてくれているのかもしれません。

そう思って、人の話にはきちんと耳を傾けるようにします。

 

 

球場での野球観戦の臨場感と忘れてはいけないお肌の保湿

私の趣味のひとつは、野球観戦です。

この趣味のいいとところは、テレビで見るのも実際に球場で見るのも、どちらも楽しいことです。

テレビで見るほうには、家でゆっくりしながら、お酒でも飲みながら楽しむこともできますし、球場では、その座る席、場所によって楽しみ方が様々です。

ゆっくりと観戦をしたい方はネット側から、内野席の真ん中よりバックネット側がオススメです。

ここは、ゆっくり見たい方が多く、ご飯とかおやつを食べながら、ゆっくりと見ることができます。

応援をガンガンした方は、外野席から内野の外野席側がオススメです。

応援団が外野席にいるため、応援したい方は基本的に外野席に座ります。

内野席も外野に近いところは、応援してる方がちらほらいるので、少し応援に参加したい方にはオススメです。

そして、外野席と内野席の間、ここは両方のよさを感じるのによい席だと思います。

初めて観戦する場合は、外野と内野の間がオススメだと私は思います。

前述の両方の良さがあるのにプラスして、ファールボールが飛んでくる機会が多くて危ないのですが、臨場感があります。

そのときの気分や、一緒に行く人によって座る場所を選ぶことができるのが、なかなか楽しい、それが球場観戦です。

そして、野球観戦について廻るのが、球場周辺の観光です。

とくに、私が応援してる広島カープの本拠地は、周りの観光スポットが多く、球場観戦と観光を同時に楽しむことができるため、お勧めです。

現在は、名古屋ドームや神宮球場、マツダスタジアム、クリネックススタジアムしか行ったことがありませんが、全ての球場で観戦をするのが将来の夢です。

ちなみに、野球場観戦で忘れてはいけないのが、お肌の保湿です。

野外ですから、空気は乾燥しているし、昼間なら紫外線の影響も大きいです。

そのため、私はバリアバランス保湿ジェルという保湿化粧品を使っています。

この保湿化粧品の良いところは、敏感肌はもちろん、アトピー肌の人にも使えて、塗り直しなしで、しっかり保湿してくれるところですね。

 

 

一人ご飯は手抜きにもほどがあるけどこれが最高!

自分一人のごはんは、本当に雑なものです。

たとえば、「定番の一人飯は?」と言われれば、私の場合は「ポテトチップスとトマト」ですから。

もはや「ごはん」ではないというものでしょう。しかし一食をこれで過ごしていたりしますからね。

もともとポテトチップスが大好きだということもあるのですが、誰もいないので栄養バランスとか考えなくていいので、本当に楽なんですよね。

「おいしいごはんを食べていないなんてかわいそう」ぐらいのことを言う人がいるかもしれませんけれど、それは間違っているというものです。

だって、私はこれで幸せですもん。

健康上のことはさておいておいて、ポテトチップスが食べられる日って本当に幸せなものですからね。

外食するには、ちゃんとした格好をしなくてはならないわけです。

全裸で外には出られませんけれども、家の中ならば話は別です。

どんな格好をしていてもOKなわけですからね。

そして家族の健康とか考えなくていい自由なメニューとなるわけです。

まあ、ポテトチップスなわけですけれど。

しかしポテチだけでは、まあ明らかな野菜不足ですよ。

ですから、調理しなくても食べられる「トマト」を出しているんです。

トマトならば、洗って丸かじりできますからね。

包丁を出してまな板も用意する必要がありませんし、なおかつ栄養価が高い野菜ですからね。

緑黄色野菜だっちゅうものですよ。

しかも、洗うだけで食べられるお手軽な野菜ですから、非常に助かっているというわけです。