仕事から帰ってズートピアを観た感想

今日は一日、社内で事務作業でした。

事務仕事をしている間は集中しているから、勤務の時間はとっても短く感じました。

でも、終わった後にどっと疲れますね、事務ってきっと知らない間にすごく気をはって集中しているからだろうなと思います。

休憩時間の彼氏とのラインが癒しの時間で、お互い励まし合って、午後からも頑張れます(のろけ)。

事務ばかりしていた日って、帰ってからすごく寂しい気持ちになるんですよね。

人と関わったり、動き回ったりしている方が、私には向いているのかも知れません。

そんな今日は、帰ってからツタヤで借りた「ズートピア」を見ましたが、予想以上に面白かったです。

何よりテーマが深い!肉食動物と草食動物が共存する夢の国、ズートピアの話なんですけれど、なんだかニューヨークの差別問題を意識させられるような内容でしたね。

肉食動物と草食動物のいがみあいは、白人と黒人や、宗教の違いに置き換えられるような感じです。

まさに、大人も子どもも楽しめる映画って感じでした。

そんな意味では、内容が意外とちょっと重かった!でも子どもにはその重さが分からないだろうな!って意味で、バランスが完璧でした。

なんといっても、狐のニックが詐欺師なんですけど、かっこいいんです。

すっごく私のタイプでした(笑)。

頭が良くて、仕事が出来て(詐欺だけど)、意地悪そうだけど、本当は優しいニックと、ちょっぴり影のあるニック。

影のある男性って、なんだか怪しいオーラがあって、ミステリアスで魅力的ですよね。

私もニックみたいな男性に出会いたい・・・。

でも、ネットで調べてみたら、たくさんの二次創作が!!やっぱりみんな興奮したのかなってな感じですね。

ちなみに、ずっと事務作業して帰った後にズートピアを見た後は、最近お気に入りのコンブチャ効果を実感しています。