親切な忠告はちゃんと聞いておけば良かった。

最近は少しずつ暖かくなってきて、オシャレも楽しい季節になりました。

早速ショッピングに出かけて、これからの季節にピッタリな可愛いロングスカートを発見しました。

値段もお手頃だったので、迷わず購入、すごく満足した買い物になりました。

何度か履いたらお友達にも好評で、良い買い物したな~とウキウキしていたのです。

ですが、それから数日後、そのスカートを履いて自転車に乗っていたら、通りすがりの自転車に乗った外国人に話しかけられました。

片言の日本語で急に話しかけられたので、最初何と言われたのか分かりませんでした。

お?ナンパか!?なんて恥ずかしい勘違いをしながら、ちゃんと話を聞いたら「スカート、危ないよ」と言いました。

ロングスカートが、車輪に巻き込まれそうで危ないと教えてくれたようです。

でも、このスカートを履いて自転車に乗ったのは、この時が初めてではなかったので、今まで何事もありませんでした。

なので、今回も大丈夫だろうと思い「大丈夫大丈夫。」と軽く返してしまいました。

優しい男性はそのまま先を行き、私は気にすることなく自転車をこいでいたら、急に何かがガガガッ!!となって転倒しました。

なんだ!?と思ったら、スカートの裾が自転車の車輪に巻き込まれているではありませんか!

もうスカートはビリビリで、二度と履くことが出来ない状態になってしまいました。

車通りが多くて恥ずかしい思いもしたし、怪我して痛いし、ちゃんとあの優しい男性の忠告を聞いておけば良かったと、心から反省しました。

先日も、北国の恵みは効果なしだと思っていたのが、使い続けていると思いの外良かったりしたのも、友人の忠告があったからです。

何か忠告を受けたり、不思議なことが起きたり、そういうのって、何かこれから起きるかもしれない事を教えてくれているのかもしれません。

そう思って、人の話にはきちんと耳を傾けるようにします。